フルグラは主食になれない

「明るいポジティブな雑記ブログ」を目指して奮闘中。楽しい暇つぶしをお届けします!

実体験!!ノロウイルスにかかると本当に辛い

スポンサーリンク

こんにちわ、りょうへいです。

みなさんはノロウイルスにどういうイメージをお持ちでしょうか?大体は食べ物からくるウイルスのイメージだとは思います。しかも生っぽいやつ。

 

ノロウイルスってなに?

ノロウイルスは毎年11~1月に流行する、感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。
主にヒトの手指や食品などを介して感染し、おう吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こします。
ノロウイルスの治療薬や予防のワクチンはなく、特に抵抗力の弱い子どもやお年寄りは吐いた物を喉に詰まらせたり、肺に入って肺炎を起こして死亡するケースもあるので注意が必要です。またノロウイルスは感染力が非常に強く、感染者の吐物やふん便中に含まれる数百万~数億個のうち、わずか10~100個程度で感染すると言われています。
このように非常に強力なウイルスとして知られ、少量でも感染能力があるばかりか、今年主流となっている新型ノロウイルスは、過去に一度ノロウイルスに感染していても免疫がつかず、何度でも感染する可能性があります。

出典:https://www.noro-virus.jp

 

ノロウイルスの厄介なところは感染力が強いのと、ワクチンがないということですね。僕はちょうど1年前くらいにノロに感染してしまいました。人生で初めて。まさか、自分がノロに感染するなんて夢にも思わなかったです。

 

医者には「何か生物は食べましたか?例えば、まぐろとか」と聞かれ、まぐろは食べてないしなあ。あ、まさか!!と頭をある料理がよぎりました。今思い返すとあれしか考えられないです。

 

ローストビーフ丼!!!!

 

その日は無性に肉が食べたくなって、おひとりランチをしました。そもそも、それまで生っぽい肉に抵抗があったのでローストビーフやユッケは積極的に食べようとはしませんでした。ですが、鮮度の良い生に近い肉(いわゆるレア状態)が美味しいと流行になりましたよね。

 

そう、ついつい流行に乗ってしまうのが僕の性分なんです。鮮度の良い肉というのを信じ、食べてみると生のやわらかい食感だったのは覚えています。

 

 f:id:rsk26-blog:20170225092000j:plain

出典:http://latravelinfo.blog92.fc2.com/blog-entry-70.html

 

上記の画像がわかりやすいですね。これでいうと、レアかベリーレアに近いのがローストビーフ丼なのかもしれません。恐らく鮮度の良い肉なら食べても大丈夫という上での話だと思います。

 

ランチをしたその日は全く問題はなかったのですが、翌日の早朝に悲劇は起きました。39度を超える高熱、体が重い、頭も痛い、気持ち悪い、やばいこれは吐く。次から次へと体へ襲いかかる得体の知れない何か、地獄のような時間。

 

その日、仕事はいけるわけもなく有給をもらい、朝イチで病院へ直行しました。しかし、インフルエンザも流行になっていた為、ウイルスを検出するのに半日程時間がかかると言われ、半日入院しました。しかも点滴を打たないといけないので眠れないまま3時間くらいが経ち、体は楽になったのですが結果的にはノロウイルスでした。潜伏期間もあるみたいでしたが、とりあえず2日くらい休んで仕事に行きました。

 

医者が言うには、ウイルスが無くなるまでなるべく外出はしてはいけないそうです。マスクをしても、手を洗っても、その強大な感染力は止められないからそうです。

 

実際、1週間くらいはお腹の調子が悪かったです。ノロの何が辛いかって、1番はトイレから離れられないことです。何を食べても水分へと変換されるのです。合図なしにいきなり波が押し寄せて来るので防ぎようがなく、まじできつかったです…。

 

もし原因が食事にあったなら場合によっては店に訴えるレベルかもしれませんが、確証が無かったので何もせず終わりました。いろいろと大事になってしまうと、仕事にも影響が出てしまいますしね。衛生的にも品質的にもしっかりしていれば美味しく頂けると思いますが、全ての生焼けの肉が安全だとは限りません。

 

ノロは本当に恐ろしく、職場の方の子供が通う小学校では学級閉鎖になってしまったそうです。

 

レアやベリーレアのお肉を食べるうえで大事なことは、きちんと自分で判断し、心配なことはプロである店員さんに聞くべきです。安心、安全が成り立って初めて美味しいが成立すると思います。

 

では、いい食事ライフを!