読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルグラは主食になれない

雑記を中心としたブログです。楽しい暇つぶしをお届けします!よかったらどうぞ!

群馬の秘湯!尻焼温泉は川そのものが温泉の野湯!

スポンサーリンク

こんばんわ、ロペスです。
僕はドライブが好きでよく運転するんですが、温泉も好きで群馬に行くことが多いです。温泉以外にも群馬は魅力たくさんあって、僕は群馬大好きです(笑)
そんな僕が友人と行った群馬県の温泉を紹介したいと思います!

タイトルにもある通り、野湯です。
野に咲く花のような、まさに野に湧く温泉ですね。
それがこの尻焼温泉です(๑¯Δ¯๑)/
f:id:rsk26-blog:20170228210006p:plain
川全体をせきとめて作られた天然温泉で、川底の至るところから温泉が自噴し、大自然の中の巨大な露天風呂となっています

この尻焼温泉があるのは、群馬県北西部の山間。
草津温泉から車で20~30分ほどの距離にあります。


住所はこちら→〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町入山 中之条町入山

駐車場は行けばわかるのですが、橋を渡る前に駐車場があるので、そこに置くことができます。
バスでも行けるらしいですが、本数はとても少ないそうなので、マイカーで行くことをおススメしときます!

料金は無料で、24時間入浴できます。
ただし、完全なる天然温泉ですので、天候や環境の影響を受けて入浴できないこともあるので、行く際は天気などに気をつけてください。

ブログを書くために調べて分かりましたが、尻焼温泉の源泉温度は56度だそうです。たしかにやけに熱いところがあった気がするような・・・。逆に少しぬるいところもあったので、お好みの温度を見つけるのもいいかもしれませんね〜。実際僕も友人と「ここが俺のベストポイント!」とか言って盛り上がりました(笑)
ちなみに尻焼温泉の名前の由来は、川底から湧くお湯でお尻を温めて痔を治したことからついたそうですよ。

そして、必要な持ち物ですが、とりあえずタオルだけあればOKです(`・ω・´)キリッ
ただ着替えをする場合は、仕切りも何もない脱衣所的な場所があるだけですので、女性は事前に水着などに着替えてから行った方がいいと思います。
僕は12月に行きましたが、幸いおじいちゃんしかいなかったので、川辺で着替えて全裸浴しちゃいましたw 夏なんかは人多そうですけど、水着のまま入って帰れるので、冬よりは着替えも楽かもですねー!

あと気を付けてほしいのが、あくまでも川なので底が滑る時があります。携帯で撮影とか考えている方は要注意です!
また、明かりもなくて唯一あるのが近くにある道路の街灯しかないので、夜はほぼ真っ暗になります。

f:id:rsk26-blog:20170228210726p:plain

その暗闇でピースしてる友人はG-SHOCKを無くしたので、暗くなる前に帰りましょー!(湯気で顔分からないよね?大丈夫だよね?笑)

普通の温泉に飽きてきた方やちょっと面白い体験をしてみたい方!温泉としてもふっつーに気持ち良いのでぜひ行ってみてください(๑•̀.•́ฅ✧)