読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルグラは主食にはなれない

フルグラだけで生きていけると思っていました。

意外と知らない!駅の表示板についている( )や< >のカッコの意味と使い方とは?

雑談 雑学

ども!

横浜に来てから移動手段が車から電車になってしまい、

事あるごとに電車に乗っているロペスです。

 

駅の表記にまつわる雑学

電車に乗ってるとたまにこんな表示を見かけませんか?

駅名の後ろに付いた< >や( )の表記。

f:id:rsk26-blog:20170317201345j:plain

f:id:rsk26-blog:20170317201410j:plain

僕は人に言われてからこの表記に気が付きました(笑)

言われてから急に見えるようになって、

あんなところやこんなところにもあってびっくりしました。

 

カッコは2種類ある!

画像を見ればわかってもらえると思いますが

実はこのカッコには2種類あります!

 

( )・・・丸カッコ

< >・・・山カッコ

 

丸カッコは駅を造る際に協力した企業や団体名に使われていて

山カッコは近くにあるランドマークがあることを表しています。

 

上の2つの画像は、赤坂駅を作るのに協力してくれたのがTBSで、押上駅の近くにはスカイツリーがあるという意味だったんですね。

 

ちなみに横浜も丸カッコが付いていました。

f:id:rsk26-blog:20170317204111j:plain

 

「」と『』の使い方について

カッコといえばなじみ深いのが「」と『』ですよね。

実はちゃんと使い分けするルールがあったのを知ってますか?

 

「 」・・・カギカッコ

『 』・・・二重カッコ

 

会話を表す際に「」は使われますし、

『』は会話の中に会話が入る時などに使われたりもしますよね。

 

ただはっきりとした違いとしては、

カギカッコは、本や雑誌の中の作品名に使われて

二重カッコは、本や雑誌のタイトルに使われるということです!

 

例えば、ワンピースの単行本なら『ワンピース』

少年ジャンプで連載しているワンピースなら「ワンピース」

といったように表すそうです。

 

使えそうで使えない豆知識

電車の話をしたので、電車にまつわる使えそうで使えない豆知識を紹介します(笑)

 

  • 僕がよく使う京浜東北線・根岸線

京浜東北線の南行列車(大船方面)は関内駅で初めて進行方向左側のドアが開き、

北行列車(大宮方面)は関内駅を過ぎると終点の大宮駅を除く(電車によってドアの開く方向が異なるため)全駅で進行方向右側のドアが開きます。

ただし、線路工事の影響で、山手線と平行している田端駅などで京浜東北線が山手線の線路を走行した場合はそうともいえないですが(´・ω・`)

 

  •  押上駅ととうきょうスカイツリー駅

f:id:rsk26-blog:20170318065541j:image

路線が違えど、どちらもスカイツリーの最寄駅ですが、どうやら同じ駅としての扱いになるそうです。
例えば、押上駅から曳舟駅に行く定期券を持っている人が、とうきょうスカイツリー駅から曳舟駅に行く場合、同じ定期券で乗ってOKなんです(*´ω`*)

 ※押上駅かとうきょうスカイツリー駅を通る定期券を持っている方限定ので注意。

 

 

という、使えそうで使えない豆知識で今回は締めたいと思います。

それでは~。