フルグラは主食になれない

雑記を中心としたブログです。楽しい暇つぶしをお届けします!よかったらどうぞ!

人生で1回は打ってみたい!東京で出来るそば打ち体験に行ってみた

スポンサーリンク

f:id:rsk26-blog:20170328145433j:image

こんばんは、りょうへいです!

 

先日、彼女の誕生日だったんですが、

 

僕「誕生日どこか行きたいところはある?」

彼女「・・・蕎麦を打ちたい!!」

 

!!?

彼女の目に迷いはありませんでした。でも、確かに面白そう!と思い行ってきました。その名も、東京deそば打ち体験!!(deに意味はありません)

 

今回体験した場所はこちらです。

http://edotokyosoba.com/c_oneday.html

江戸東京そばの会

 

1日体験コースを選びました。この日は他にお客さんがいなかったので、そば打ちの先生と僕と彼女の3人です。ほぼ個別指導ということで、やる気スイッチ押し放題!!

 

ちなみに、プロコースなどを選べばそば職人になれるそうです。寿司屋もアカデミーがあるとは聞いていましたが、そばもあるんですね。脱サラしてそば屋を目指している人も多いのかもしれません。

では、そば打ち体験へ。

 

 

 そば粉をまぜる

f:id:rsk26-blog:20170328080440j:image

右側にある白い粉(そば粉)が原料になります。これを皿に移してまぜていくわけですが…。ここでひとつ問題が。そば打ちに夢中になりすぎて、作る過程の写真をほぼ撮っていませんでした…。

というわけで、ここからは自作の絵を中心にいきます!(一生懸命書いたよ!!)

 

改めてそば粉をまぜる

f:id:rsk26-blog:20170328152955p:image

はい、まずはそば粉を手でまぜて、途中で水を足していくと粘土のような塊(かたまり)になります。この塊にするまで結構時間がかかります。15分〜20分くらいかかりました。とにかくまぜ続けます。

先生の助けをもらいながらなんとか塊に。立ち作業の為、ずっと前傾姿勢なので腰がものすごく痛くなりました…。忍耐力は重要です。

 

板の上でそば粉を伸ばす

f:id:rsk26-blog:20170328153005p:image

板の上に塊になったそば粉を置いて、麺棒で伸ばしていきます。 麺棒は長さ90cmで結構大きいです。あくまで記憶を辿って書いていますので、木の板はこんなに大きくなかったと思います。

 

f:id:rsk26-blog:20170328153013p:image

麺棒でそば粉を伸ばしていきますが、この広げる作業も結構大変です。上に伸ばして、左上、右上、今度は下に伸ばして、左下、右下。この作業を少しづつ繰り返します。段々と広がっていくのはわかるので、これは意外に楽しかったです。

ブログのアクセス数もそうですが、目に見える結果というのはテンションが上がりますよね。(僕は単純です)

 

 神経を研ぎ澄まし、そば包丁で切る

f:id:rsk26-blog:20170328153533j:image

そば包丁は絵を書くのがめんどくさかっt

このそば包丁は見た目通り、重いです。

テンコマンドメンツ、第7の剣・重力の剣「グラビティ・コア」並みの重さです。(詳しくはRAVEを読んでね)

テンコマンドメンツ

↑わかりやすくまとめてありました

f:id:rsk26-blog:20170328153025p:image

そば包丁を手に持ったら、右端からゆっくり切ります。そのまま包丁を押してずらして切ります。これを繰り返していきます。

 

実際に切った写真

f:id:rsk26-blog:20170328153220j:imageおおー!それっぽくないですか?そば打ちっぽいですよね!?

麺の太さが不揃いになってしまいましたが、それも愛嬌です。

 

出来上がり

f:id:rsk26-blog:20170328080625j:image

おいしそー!実際おいしかったです!

打ったそばはその場で食べれます。先生がしっかりと茹でてくれました!!料理は全部やってくれます。やっぱ自分で打ったそばは特別なうまさがありますね。

 

余った分は持ち帰り

f:id:rsk26-blog:20170328153231j:image

 全部で500gあるみたいなので、さすがに食べきれずお持ち帰りしました。

 

総括

人生初めてのそば打ち体験でしたが、とても楽しかったです!

そば打ち自体は1時間くらいかかったと思います。教えてくれた先生も優しい方で、有意義な時間を過ごせました。彼女の誕生日でしたが、僕も結構楽しんでしまいました。

東京でもそばが打てるということで、興味がある方は是非足を運んでみてください。完全予約制なので、ご注意を!