フルグラは主食になれない

雑記を中心としたブログです。楽しい暇つぶしをお届けします!よかったらどうぞ!

私の名前はジロギン。

スポンサーリンク

私の名前はジロギン。

…言ってみたかっただけです。すいません。

改めまして、私の名前はりょうへい。

今回は「ジロギンさんの面白さ」を勝手に言及していきます。

 

 

   

ジロギンとは?

f:id:rsk26-blog:20170527195507p:plain

「ジロギン」とは得体の知れない生命体で、主にハンターハンターの世界で住む生き物。噂によるとグリードアイランドとこちらの世界を行き来しているそう。

彼は地球上で唯一念の才能があり、修行を続けた結果…

念を具現化できるようになったそうです!!

 

アンビリーバブル!!

彼はブロガーであって、念能力者でもあるのです!!

発見情報も多数ありとのことで、あのキメラアントも一瞬で粉砕したとか。

そんな「ジロギン」の念能力系記事がこちら。

 

衝撃を受けた記事

はい、ここからは真面目に書きます。

僕がブログを始めて約3週間経った頃、ジロギンさんに出会いました。(一方的に)

「面白いブログって何だろう?」

「そもそも文章で人を楽しませることってできるの?」

そんなことを常に考え、肩に力が入っていた時期です。今でも考えてはいますが、皆さんの優しいコメントを見て「少し気楽にやろう」とちょっと肩の力が抜けました。

 

話は戻りますが、ジロギンさんの記事で本気で笑いました。当時僕はブログのスタートラインにすらまだ立っていない状況で、知識も何も無かったです。(今も無いです)

そんな真っ白の僕がブログで始めて笑ってしまいました。

衝撃的な写真ばかりで、

「こういうブログの書き方があるのか!!」

と素直に感動しました。

 

今でも楽しく読ませて頂いていますが、僕は念能力系記事をもっと多くの人に読んで欲しいです。ジロギンさんの面白さ」はここに詰まっていると思います。(本人的にもっとプッシュする記事があったらごめんなさい)

今はほんの少しだけブログのことがわかってきて、当時の「ただ面白い」という見方ではなく、違う観点で見ることができました。 逆に何で面白いと思ったのか。

解剖していきます!!

 

念能力記事を解剖

f:id:rsk26-blog:20170527210542p:plain

大きく分けると3つの要素が含まれています。(あくまで僕の見解)

 

①ターゲットを限定

ハンターハンターのは名前は知っていても、「内容を知らない人」興味の無い人」はたくさんいます。ターゲットをあえて限定することで、知っている人にはどハマりしやすい内容になっています。クラピカの念能力にフォーカスしているところも面白さの秘訣です。

ただ、ターゲットを限定しすぎると、その層が読んでくれなかったら外してしまうので注意が必要です。

 

②マニアックな内容

①でも書きましたが、クラピカの念能力という着目点が良かったと思います。僕はハンターハンターが大好きなので、「この人なんてバカなことをしているんだろう」と興味しかありませんでした。

タイトルで惹きつけられて、写真で笑って、文章で筆者はかなり漫画を読み込んでいることを知りました。

作中のキャラクターや専門用語もたくさん出てきて、わくわくが止まりません。具体的な作中の言葉を使用し、具体的なシーンを描いているので、よりハンターハンターとジロギンさんの世界観に入り込むことができました。

中途半端に大きなくくりにされてしまうと、「ふーん」程度で終わっていたかもしれません。「狭く深い」は簡単には書けませんが、当たれば強いです。

 

③写真がわかりやすい

誰が見ても、やっていることは明確です。チェーンジェイル、ダウジングチェーン、ジャッジメントチェーンなど技ごとに写真を載せているので、想像がしやすくクスっとなります。写真が付くことで簡単に想像ができ、文章にも程よい空間が生まれます。その結果、集中力が生まれるので筆者の世界観に入りやすくなります。

ブログは目から情報が入るので、文章だけで想像を掻き立てるのはやはり難しいです。僕はいつかこの領域に踏み込みたいと考えていますが、いつの話になるのやら…。

 

以上が、今の僕が感じる念能力記事の面白さです。

 

過去記事

こちらでも「写真の重要性」について少し語らせて頂いています。

 

おわりに

読み返してみると、偉そうに人の記事を語っているような内容になってしまいましたが…。ジロギンさんの面白さは伝えられたかなと思います。

これをきっかけに、まだ読んだことない人が「ハンターハンターを読みたい!」と思ったらジロギンさんの影響力はすごいと思います。新規を取り込んだわけなので、集英社にとっても作者の冨樫氏にとっても、ジロギンさんにとっても素晴らしいことです。自然とWin-Winの関係を作ってますね。 (そして僕にも恩恵が…)

これからもジロギンさんを応援しています!簡単なコンタクトはしましたが、楽しんで頂けたら光栄です!

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。