フルグラは主食になれない

雑記を中心としたブログです。楽しい暇つぶしをお届けします!よかったらどうぞ!

【無印カフェ】アイスと相性抜群!クリームソーダを飲んできたよ!

スポンサーリンク

りょうへいです。

メロンソーダって、大人になっても飲みたいと思う時はありませんか?

スカッと爽やかな炭酸のメロンソーダ。アイスを添えれば、子供も大人も大好きな「クリームソーダ」の完成です。

今回は、「無印カフェのクリームソーダ」を食レポしていきます。 

 

 

無印良品が展開するカフェ

 

f:id:rsk26-blog:20170614203925j:plain

僕の描く無印良品は、余計なものを省いて、自然と調和したシンプルな世界といったイメージです。

子供の頃は、Tシャツに英語がプリントされてる方がカッコイイと思っていました。大人になった今、色やシンプルな柄でファッションを楽しんでいます。無印良品は、大人のカッコ良さが詰まっている店だと思います。

 そんな無印良品が展開するカフェがこちら。

 

cafemeal.muji.com

 

素の食はおいしい。

もぎたてのトマトをまる齧りしたときの、あのみずみずしい甘みや酸味。
Café&Meal MUJIが大切にしているのは、たとえばそんな「素の食」のおいしさです。

 

上記をコンセプトに展開しています。

確かに、野菜のみずみずしい感じはすごく良いです。新鮮な野菜を目の前にすると、余計な味付けはせず「そのままトマトをかぶりつきたい!」と思います。

 

f:id:rsk26-blog:20170614193018j:plain

 無印カフェは、こういった欲求を満たしてくれるお店です。

 

 

メロンソーダの色を比較

f:id:rsk26-blog:20170614143710j:image

僕はこの看板にやられました。写真の素朴感にすごく魅力を感じます。レトロな雰囲気のクリームソーダですね。

 

一般的なメロンソーダと言えば、大体はこんな感じです。

 

f:id:rsk26-blog:20170614193918j:plain

出典:ドリンクバーでお馴染み「あのメロンソーダ」がサントリーから限定発売! 買える場所を探してみた - グルメ - Jタウンネット 東京都

 

まさに、The メロンソーダ。

ドリンクバーによくある色です。このジャンクな感じが本来の色。この着色料感、嫌いではありません。ジュースを飲みたい時は、体なんかに気を使う必要はありません。

甘いジュースを思いっきり飲むからこそ、爽快感が生まれるのです!!

 

今回のクリームソーダは着色料感が薄いので、ジャンク感には浸れません。無印ならではのクリームソーダ、楽しみです。

早速注文していきます。

 

クリームソーダを注文!

 

f:id:rsk26-blog:20170614143127j:image

クリームソーダの登場です。

料金:550円(税込)

 

一見、「本当にメロンソーダが入ってるの?」と思ってしまう程の色の薄さです。光の関係で、より薄く見えます。

 

 

f:id:rsk26-blog:20170614143128j:image

iPhoneを近付けて撮影。

ソフトクリームの天空に突き抜ける感じがたまりません。

 

 

f:id:rsk26-blog:20170614143357j:image

無印の店内を見渡しながら一服するのも新鮮です。

無印マジックなのか、全てがお洒落に見えます。

 

 

f:id:rsk26-blog:20170614143132j:image

おっと。溶ける前にアイスをいただきます。

 

 

「う、美味い!!」

ジャージー牛乳の濃い感じがたまりません。想像を超えるミルクの濃厚さに感動しました。メロンソーダもさっぱりしてて最高です。

アイスの濃さとメロンソーダのバランスが取れてて、ゴクゴク飲めてしまいます。

 

f:id:rsk26-blog:20170614143139j:image 

ごちそうさまでした!!

すごく爽やかな気分になりました。

 

子供の頃、アイスが残った氷をガリガリ食べるのが好きでしたが、さすがにやりませんでした。甘味の残った氷って美味いんですよね。誰かわかるかなー?

 

おわりに

オレンジジュースやリンゴジュースは健康的でお腹にも溜まりますが、メロンソーダはおやつ感覚と言うべきなのでしょうか。普段飲まないので、より一層美味しく感じたのかもしれません。

クリームソーダを一言で表すと、「贅沢なおやつ」です。至福の時間でした。

 

もしお近くに無印カフェがあったら、是非行ってみてください!誰が飲んでも後悔しないクリームソーダだと思います。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログへ