フルグラは主食になれない

「明るいポジティブな雑記ブログ」を目指して奮闘中。楽しい暇つぶしをお届けします!

【夏季限定】日本橋で江戸を感じる写真スポットへ行ってきた

スポンサーリンク

りょうへいです。

いよいよ本格的にがやってきました。

都内でも気温が30度を超えることが当たり前になってきています。こんな暑い時期は、海やプール、水族館などの涼しい場所で写真をいっぱい撮りたいですね!

 

日本橋では、7月7日から9月24日まで、涼を感じる「ECO EDO 日本橋2017」が開催されています。日本橋の街全体が金魚や提灯など、江戸の涼しいを感じさせてくれる雰囲気となっています。

 

www.nihonbashi-tokyo.jp

 

スマホやカメラを片手に、日本橋でお洒落な写真をいっぱい撮っちゃいましょう!

今回は夏季限定の金魚大提灯エリアを撮影していきます。

 

 

金魚大提灯エリア

f:id:rsk26-blog:20170710100401j:image

昼間に撮影してきました。商業施設の近くで撮影スポットということもあり、結構人がいました。

 

f:id:rsk26-blog:20170710100557j:image

道路の1本道の間に提灯がずらーっと並んでいます。

この道に入ってしまったら、誰もがカメラを向けるでしょう。日本橋の中でもちょっとした異空間です。

 

f:id:rsk26-blog:20170710100540j:image

ぼかして撮影してみました。同じ角度から撮影した写真でも、ぼかすだけで雰囲気が変わります。

スマホでもわざとピントを手前に持って来て、そのまま遠方を撮れば簡単にぼかすことができます。是非試してみてください。

 

f:id:rsk26-blog:20170710100617j:image

角度を変えて撮影。

 

f:id:rsk26-blog:20170710125220j:image

中央から撮影。奥行き感が出せたかなと思います。この写真は結構お気に入りで、全体的にまとまり良く撮れました。

 

f:id:rsk26-blog:20170710100422j:image 

メインの金魚大提灯を接写。

かなり大きい提灯です。金魚の絵がより夏を感じさせてくれます。

 

f:id:rsk26-blog:20170710100659j:image

神社も一緒に入れてみました。工事中のビルがあるというのは、ある意味では東京らしいのかなと思いました。 江戸とは少しかけ離れた風景ですが、これはこれで面白いのかもしれません。

 

アクセス

CORED室町1とCORED室町2の間の通り道です。

入り口付近なのでわかりやすいです。

 

 

おわりに

インスタ映えもばっちりな日本橋の風景。

浴衣と組み合わせて撮影すれば、より江戸らしさを感じられます。実際に浴衣を来ている人もたくさんいるので、浮いた感じは全くありません。

 

今回は、金魚大提灯にフォーカスしましたが、日本橋はたくさん写真スポットがあるのでオススメです。近代的な東京とはかけ離れた空間に会話も盛り上がるでしょう。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。