フルグラは主食になれない

「明るいポジティブな雑記ブログ」を目指して奮闘中。楽しい暇つぶしをお届けします!

自分が本気で楽しんだら楽しさは周りにも伝わると思っていた

スポンサーリンク

f:id:rsk26-blog:20171114002311j:image

 

あなたにとって楽しいって何ですか?笑っている時はどんな時ですか?

今回は、たまに書きたくなる少し感情的な記事。

 

「人生はあっという間」と誰かは言いますが、本当にそうでしょうか。楽しい時間はあっという間、苦しい時間はとにかく長い。結局そういう事なんだと思います。

 

人生で1番自由な時間が持てた学生時代はあっという間に終わり、長い長い社会人生活の始まり。朝起きたら会社に行き、帰宅したら寝るまでの数時間をどう過ごそうか考える。

 

毎日毎日それの繰り返しで、働いている時間の方が圧倒的に長い。そんなことは誰もがわかっている。

 

わかっているからこそ、与えられた自由な時間を全力で楽しむ。苦しいことだけを考えて生きるなんて人間なんだから絶対無理。そういう時期もあるけれど、その後には絶対希望があると信じて、未来に向かう。

 

でも「楽しむ」って意外と難しいことなのかもしれない。では、この記事を読んでくれている方に質問です。

 

  • どんな時間が楽しいですか?
  • 本気で笑う時はどんな時ですか?

 

僕は仲間とくだらない話をしたり、夢について語ったりしている時が1番楽しいです。本気で笑っている時もきっとそうだと思います。

 

映画やアニメを見て笑っている時も楽しいですが、その後虚無感に追われる事があります。どちらかというと、作品を見た感想を誰かと話してる時が1番好きです。

 

僕も経験あるのですが、全く知らないテーマについて嬉しそうに語っている友達を横目で見ているよりも、とりあえずその輪に飛び込んでみるとすごい楽しい時間になったりします。知らないなりに興味を持ったり、逆に知っていることが出てきたら会話の中心にいたり。

 

楽しいってそういうことじゃないですか?友達との間で生まれる予測を超えた化学反応が刺激的で、最高に楽しいのかなって思います。

 

いろんな人を巻き込んで、「おいでおいで!」って会話の中に入れてあげる。ひとりぼっちで寂しそうにしてるんじゃなくて、勇気を出して「仲間に入れて!」って言ってみる。結果は吉と出るとは限りませんが、悪い結果にはなりにくいはず。

 

そういうスタンスを貫きたいってずっと思っていました。でも、上手くいかないこともあるんだなと学びました。

 

たった一言で空気が壊れることもあります。冗談とわかっている一言でも、余計な一言が頭に残る。悪い噂というのは面白いほど早く広がります。そういう経験は過去に何度もありました。

 

ただ、僕はこのブログを始める時に自分に誓った約束があります。どんな時でも明るく前向きに頑張る。つまずくこともあるけど、とりあえず笑っていく。それが自分の取り柄だと信じて。僕が表現場所に選んだここ(ブログ)は、何千、何万っていう人がいる場所で、それぞれ違う感性を持っている。だからこそ面白い。

 

うん、だからこそ面白い!

 

僕が今活動している場所は、企業でも組織でも学校でもなく、個人で活動できる自由な場所。答えはどこにもなくて、それぞれが正解を持っている。時には全員で同じベクトルを合わせたり、逆方向に行ったり、相反するから面白い。

 

まだ少し弱い部分はあるけれど、新しい自分に出会う為、全てをネタにできるくらい面白い人生送ってやる!そう決意した夜でした。