フルグラは主食になれない

「明るいポジティブな雑記ブログ」を目指して奮闘中。楽しい暇つぶしをお届けします!

すた丼の魅力

スポンサーリンク

f:id:rsk26-blog:20180107235550j:image

すた丼をご存知だろうか。豚肉とニンニク醤油ダレが奏でるガッツリ系の王道丼ぶり。すた丼にとって重要なのは、豚肉とニンニク。

 

今回は、豚肉とニンニクを中心に語っていこうと思う。

 

まずは豚肉。そもそも豚肉を嫌いという人に今まで出会ったことがない。「私、豚肉食べれないんです!」仮にこの様な発言をする女性がいたら、予測できることは2つある。

 

1つ目は、ダイエットをしていて肉料理を控えているというケース。

 

「細いんだからダイエットをする必要はないでしょ!」

「実は見えないところが太っているんです」

 

場数を踏んでいる女性なら、こんな発言をするに違いない。

「どの辺が太ってるの?」と二の腕を触ろうとしてくる鼻の下が伸びた男性がいたら、女性陣は笑顔で「お笑いが好きなんですけど、ネタやっていいですか?」と言ってみよう。

 

許可をもらったら、次に相手の頭を思いっきりパンッ!と叩いて、語尾をなまらせながらこう言って欲しい。

 

「この豚野郎!下心丸出しだなっ!!」と。新年会にはぴったりのネタ。

 

2つ目は、豚肉さんが可哀想で食べられないというケース。想像力豊かで、自分だけの世界観を持っている子にありえる。早く現実を見て欲しい。

 

ちなみに僕も豚肉を食べられなかった時期がある。食用の豚が殺される動画を見て、豚肉料理を見る度に映像が蘇ってきては食欲が失せた。好奇心は時に心の傷を負わせるということを知った中3の春だった。

 

 

次に、ニンニク。

ニンニクは豚肉と違って好き嫌いがある食材だ。でも僕はニンニクを支援したい。ガツンと鼻にくるニンニクは最高に良い。串焼きでそのまま食べるのも美味しい。ペーストやガーリックチップにすれば、調味料としても使える。

 

デメリットで言えば、食べ過ぎるとニンニクの独特な感じが舌に残ること。ブレスケアをしても、体臭からニンニクの臭いが出ることもあるらしい。

 

翌日に残るというリスクを持つニンニクだが、そんなところも愛しく感じる。好きを突き詰めると、どうやら軽い変態の域に達するようだ。

 

最後にすた丼の魅力を伝えていこうと思う。 

 

 

f:id:rsk26-blog:20171227205645j:image